<< DORA麻雀の役「天和」 & 映画「タイムマシン(2002)」に関して | main | DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 160 $の負け & 映画「キング・コング(2005)」のレビュー >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑TOP
    0
      映画「デス・レース2000年」について & DORA麻雀の役「ピンフ」
      今朝のザ!情報通ではかなり良い結果でしたので
      今日は新しいことに挑戦してみようかな?
      ここの所、ソフトボールを慣習にしてみようかとウズウズしてるんですよね(^▽^;)
      とは言っても、スタートしようと思うとちょっととは言えどもそれようのものを買いに行かないと駄目なんだよな。。(;^_^A アセアセ・・・
      あ〜。。面倒臭い(( ̄_ ̄*)(* ̄_ ̄))ンーン

      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

      ここの所映画にハマっているので映画の感想をご紹介したいと思います!!!!

      え??お前の紹介文ではないの??
      という感想はスルー( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ


      今日は「デス・レース2000年」の感想について紹介しようかと思っています!!!!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ


      この映画の製作年は1975年です!!

      監督はポール・バーテルで、脚本がチャールズ・B・グリフィス、イブ・メルキオーです!!!!(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

      この映画のメインは何と言っても!!!フランケンシュタイン演じるデヴィッド・キャラダインです!!!!('-';A エーット,,アノォ..ソノォ...

      この映画の他の俳優さんを列挙すると、シルベスター・スタローン、マーティン・コーヴ、ジョン・ランディスって感じですね( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

      ジェイソン・ステイサム主演の2008年リメイクの方は
      観賞済み。

      しかしリメイクとは名ばかり。

      全くの別物でありました。

      “デスレース=生死を賭けた命がけのカーレース”という意味で
      はなく、単に人殺しコンテスト。


      殺した人間の性別や年齢で得点が違うというクレイジーぶり。

      下手なスプラッターホラーより悪趣味だと思いますが
      、悲壮感など微塵も感じさせない徹底したバカ映画の体裁ゆえ、
      怒る気にもなれません。

      これはこれで高度な演出手段なのかもしれません(考え過ぎかな?)。


      ただ、これだけは確信を持って言えます。

      ラストの社会風刺や当局批判は、取ってつけたオマケで
      あると。

      監督が描きたかったのは、単純にカーアクションだけで
      あると。

      翌年製作された『バニシングIN TURBO』の方が
      、個人的には好みです。



      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

      麻雀の役って一杯ありますよね〜。♪ヒャッホーイ♪.・・ヘ(= ̄∇ ̄)ノ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
      という事で、今回はピンフを説明したいと思います!ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...


      麻雀における一翻役の一つ。
      順子、数牌を五萬 六萬 七萬や?筒 ?筒 ?筒のように3つ揃えたものを4組+雀頭で構成される。
      ただし正確には、平和(ピンフ)を成立させるには以下のような条件を満たす必要があるl-_-l_ _l-_-l_ _l ウムウム


      1, 面前であること。
      2, 4つの面子を全て順子で構成すること。
      3, 雀頭が役牌でないこと。(三元牌(さんげんはい)や自風・場風の字牌はアタマとして使用できない)
      4, 両面待ちであること。


      このような条件があり、初心者は特に3,4に気をつける必要がある。

      何故他の和了役よりも複雑な条件になってしまっているのかというと、
      「平和=あがり点20符以外の点が無いあがり」と定義されていたからです(゚ー゚;Aアセアセ

      なお、平和が役になった時点では1の条件はなかった。

      つまり食いピンフとして認められていたのだが、
      現在これを認めることはまずないといっていい。


      タンヤオと並び、和了やすいとされる手役です。

      また、使用する牌の種類が多くなる(最大13種)和了り方であるので、
      ドラ・裏ドラが乗りやすく、赤ありのルールの場合は赤牌が含まれやすい。


      他の役(断公九(タンヤオ)・イーペイコウ・三色同順(さんしょくどうじゅん)・一気通貫など)と
      複合しやすいあがり方でもあるので、
      和了り方の基本中の基本として扱われていることが多い。


      ○ピンフツモの有無について

      平和は本来、「符の付かない上がり」と定義される
      (上述した平和(ピンフ)の成立条件のうち、
      2〜4は「符の付かない面子」「符の付かない雀頭」「符の付かない待ち」と言い換えることができる)。

      そのため、本来の定義に従えば


      5. ロン和了りであること。(自摸和了では2符が付く)

      という条件が付き、平和は自摸とは複合しないこととなる。

      この本来の定義通り、平和ツモを平和(ピンフ)として認めないルールがある
      (関西で多いらしい)

      一方で、現在主流となっているルールでは自摸と平和(ピンフ)の複合が認められており、その場合はツモの2符を無視して20符として扱う。
      平和(ピンフ)自摸の有無は事前にルール確認しておく必要がある。

      平和ツモが認められてる時、
      たとえば「『リーチ(立直)・平和・三色同順(サンショクドウジュン)・ドラ1』を自摸和了りした時」に

      平和自摸なしだと、5翻30符=満貫
      平和ツモありだと、6翻20符=ハネ満貫

      となり、同じ手役でもより大きな点数が動くこととなる。

      なお、副露した平和(ピンフ)形は1翻役として認められない代わりに、
      10符を付加し30符として計算するのが一般的でしょう。

      例えば「面子が全て順子・両面待ちの食いタンのみ手を出和了りあがり」した場合は、
      20符1翻=700点ではなく30符1翻=1000点とする。

      複雑に思えるが、「20符になるのは平和(ピンフ)ツモの際だけ」
      と覚えておけば、符計算のときに混乱することは無いでしょう_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓↓


      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      平和(出現割合:19.9%)
      麻雀で最もオーソドックスな役で、案外素人に教えるのが難しい役でもある。
      上がりの待ちの広さから初心者から上級者まで幅広く使われるが、現在の外を切って中に寄せる麻雀では捨て牌からある程度の推測ができるのも事実。 ヤミテンならあまり問題はないが、立直をかけるなら早い巡から相手の副露状況捨て牌を考慮して宣言するのがいいだろう。

      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      ・・・とこんな感じの説明です。(゚-゚;)ウーン


      今日はこの辺で
      今日は指が痛いなあ
      ばっはは〜い★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*(^∇゚*)ノ" オヤスミィ♪

      ドラ麻雀の登録じゃ


      DORA麻雀のルールの重要性




      おすすめ記事




      | - | 22:51 | comments(0) | - | - | ↑TOP
      0
        スポンサーサイト
        | - | 22:51 | - | - | - | ↑TOP
        コメントする









        CALENDAR
        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        RECOMMEND
        SELECTED ENTRIES
        ARCHIVES
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE