<< DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 149 $の負け & 映画「ヤング・マスター/師弟出馬」について | main | DORA麻雀の役「九蓮宝燈」 & 映画「ジャーヘッド」について >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | ↑TOP
    0
      DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 128 $の負け & 映画「メン・イン・ブラック2」に関して
      う〜〜ん、やばいな。。体型がヤバイことになってる(ノω・、) ウゥ・・・
      減量しないと不味そうだ。

      こないだモリモリスリムを親にお勧めされましたから
      試しに始めてみよっかな( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))ヒダリムケーニヤリッ!

      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      映画って本当に面白いですよね〜
      ・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と考えています!!!´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)´3`)ウフフフフフ
      と言ってもyahooレビューに載ってる感想ですがヾ(⌒∇⌒彡☆キャッキャッ彡☆⌒∇⌒)ツ


      今回は「メン・イン・ブラック2」の感想について紹介しようかと思っていますヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪


      この映画が作られた年は2002年です!

      監督はバリー・ソネンフェルドで、脚本がロバート・ゴードン[脚本]です。才≡⊃"├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

      この映画でメインで出てくる人はトミー・リー・ジョーンズ (エージェントK/ケビン・ブラウン)です!!σ(゚・゚*)ンート・・・

      この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
      トミー・リー・ジョーンズ (エージェントK/ケビン・ブラウン)、ウィル・スミス (エージェントJ)、リップ・トーン (エージェントZ(ゼッド))、ララ・フリン・ボイル (サーリーナ)、パトリック・ウォーバートン (エージェントT)、ロザリオ・ドーソン (ローラ)、ジョニー・ノックスヴィル (スクラド/チャーリー)、トニー・シャルーブ (ジャック)、デヴィッド・クロス〔1964年生〕 (ニュートン)、リック・ベイカー[メイク] (MIBの入国審査職員)ってな感じ。川*'-')フフ♪

      ほとんどと言っていいほど前作を踏襲した作りで
      、安心して観ていくことができます。

      それに88分という短さでサクサク進行する映画なので
      、あっという間に終わってしまいます。

      印象としてはテレビの30分番組を
      観たような感じでしょうか。

      前作と比べて、よりコミックっぽさが
      増していて私的に笑えるシーンも増えてました(唐突に
      登場する噂のマイケル・ジャクソンも笑えます)。




      □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

      麻雀の役って一杯ありますよね〜( * ^)oo(^ *) クスクス
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
      という事で、今回は立直に焦点を当てたいと思います。キャハハ!!ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡アハハ!!


      リーチ(立直)というのは一番ポピュラーな役ですね。
      ここでは、先輩役の広田と生徒役の川越のおふたりに出てきてもらいましょう。

      広田『有名なわりには戦前の日本で生まれて、普及したのは戦後になってからの生まれて間もない役です。
      日本式の麻雀にしかありませんので、日本の麻雀を中国式の麻雀(麻将)と区分けする意味で「リーチ麻雀」と呼んだりするんだ。』

      川越『これは、何度も登場したから知ってますよ。
      あがりの1つ手前(テンパイ)になったら「立直」と言って宣言すればいいんでしょう(^▽^)/
      手の中に役がない時でもリーチさえすれば、役がついて和了れるんだったよな?』

      広田『その通り♪\(^▽^)/ が、「他家に警戒されちゃう」「自分の手牌をいじれなくなる」などの弱点もありますアセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ〜♪

      「自分の手牌をいじれなくなる」は重要な要素で、リーチ(立直)をすれば上手い人も麻雀初心者もやることは同じです。
      技術の差が出るのは「リーチするか? しないか?」の判断の段階です。

      リーチすれば逃げられなくなるため、危険な状態がわかる際は逃げ出せるようにリーチしないのも作戦です。
      昔はリーチをすると手を伏せて倒したんですね。その名残で今でもお歳を召されている方ははリーチ(立直)をすると手牌を伏せてしまう人もいます。


      それと相手に警戒されてしまうのでリーチ(立直)をするとロンできる可能性は下がります。
      みんな注意してくるので当然です。
      これは逆に考えると「相手を警戒させることができる=勝負から降ろさせる」というメリットにもつながります。
      親の先制立直などそれだけで充分な脅威ですね。

      1000点を預けられますが、接戦になるとこの1000点で順位が変化する場合もあります。
      上がらなかった場合のことも考えてリーチ(立直)をしてみるといいでしょう。

      やはりリーチ(立直)をすると「裏ドラ」や次に紹介する「イッパツ」などによって高得点を期待できるのが魅力です。』



      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・


      DORA麻雀のレートは高すぎます。。

      DORA麻雀の解説を見てみましょう



      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      立直(出現割合:45.1%)
      面前であることが絶対条件。麻雀でテンパイできる状態で、リーチを宣言するだけ。
      通常の麻雀とは少し違い、赤ドラが無いDORA麻雀では裏ドラに頼りたいので立直をガンガンかける初心者の様な打ち方も案外悪くないかもしれない。

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      ・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…


      今から7時間後にはやっと小学校の友だちとの麻雀だよ♪
      楽しみだなあ〜〜ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ



      おすすめ記事




      | - | 05:25 | comments(0) | - | - | ↑TOP
      0
        スポンサーサイト
        | - | 05:25 | - | - | - | ↑TOP
        コメントする